Facebookアカウントなしでも使えるWEBチャットボットが登場!

#Facebookチャットボット
June 29, 2020
目次

米国時間6月17日、Facebook Messengerは特定の開発者に向けて新しい機能を実装しました。今回は最新機能ウェブチャットについて説明します。

目次
  1. Facebookアカウントなしでも使えるチャット機能
  2. 実際の使用シーンは?
  3. まとめ

Facebookアカウントなしでも使えるチャット機能

既存のFacebookページではユーザーがFacebookアカウントを持っていないとチャットは使えませんでしたが、今回のアップデートによりFacebook/Instagramアカウントがなくてもボットと会話できるようになりました。
(※詳細は以下のURLからご参考ください。)https://developers.facebook.com/docs/messenger-platform/discovery/customer-chat-plugin/#guest_mode

画像1

※出所:Facebookの開発社向けサイトより

今回のアップデートにより、以下のようなChatBook運用メリットが増えました。

・Facebook未使用の潜在層へのアプローチが可能になった。
・他の媒体から流入したリードもCRM上への登録が可能になった。

画像3

※出所:株式会社ファインズ様のLP

また、Facebook広告のターゲティング範囲がFacebookユーザーのみならず、他のウェブ広告から流入する潜在顧客までも可能になりました。

これによって、Facebookビジネスページを運営する事業主はさらなるビジネスチャンスを握ることができると考えられます。2019年12月基準、Facebook の月間アクティブユーザー数は2,800万人に達しましたが、実にこれは日本全体人口数の約1/3弱に過ぎず、まだ物足りない感がありました。しかし、今回のアップデートでその他の広告媒体からも潜在層の流入を期待できるようになり、Facebook Messenger チャットプラグインの活用領域は拡大されたのは明らかです。

画像2

※出所: https://ferret-plus.com/13454


実際の使用シーンは?

次に、ゲストユーザーモードでの操作と、従来のFacebookアカウントによる操作との異なる点を解説します。

まずはウェブページに設置するチャットボットの変更点を確認しましょう。従来のChatBookでは、Facebookアカウントのログインが必須だったため、「〇〇としてログイン」というボタンがデフォルトで設定されており、Facebookアカウントを持っていない人はメッセンジャー上でボットと会話することが不可能でした。

それが、今回のアップデートから以下のように変わりました。

画像4

※出所: 弊社ランディングページ

「ゲストとして続行」というボタンが表示され、アカウントいらずで会話を行うことができます。

それに伴い、「ゲストとして続行」として流入するリードには、Facebookの規約上以下のルールができました。

・会話が止まった時点で、下図のように「このゲストのスレッドは24時間後に閉鎖されます。」というメッセージが表示される
・24時間をすぎるとメッセージを送ることができない

画像5

※出所: 弊社Facebookビジネスマネージャー

流入してきたゲストユーザーが初めて話しかけてから24時間が過ぎた後は、「このゲストのスレ度は閉鎖されています。メッセージを送信することはできなくなりました。」と表示されます。

もちろん一度ゲストユーザーとの会話が中断されても、会話はChatBookの管理画面に残りますので、24時間以内ですと従来通りの該当ゲストユーザーを追客することができます。

したがって、ゲストユーザーに対するチャットシナリオの作成に注力することで、ゲストユーザーでもより効率的な追客ができるようにすることが運用面としてのコツでもあります。

画像6

※出所: 弊社運用中のChatBookダッシュボード

まとめ

・Facebookアカウントを必要としないチャットボットがリリースされた。
・チャットボットの動作シナリオは同じ。
・24時間以降にメッセージが送れない。
・会話ログは全部残る。
・ゲストモードに対応したシナリオ制作がおすすめ!



以上、Web上でも動作するFacebook Messengerのご紹介でした!
この機能の追加により、更に効果的・幅広いユーザーへのアプローチが可能になりました。

ブログ一覧へ戻る