ブラウザをアップグレートしてください。

当ウェブサイトはInternet Explorerをサポートしておりません。アクセスするためにMicrosoft Edge、Google Chrome、Safari等へアップグレートをお願いいたします。

Upgrade

Salesforce連携

Slack with ChatBook

いつもいるSlackでリアルタイム通知を受けて顧客を逃さない

チャット上のリードや活動履歴を
Salesforceに自動更新

サイト来訪やSNS上で会話が発生した新規リードを、Sales Cloudの「リード」に自動でアップデート。
チャットで聞いたお客様のメールアドレスや電話番号の情報を更新し、
CRMに自動でお客様データを埋めるので、入力の手間を一切省くことができます。

勿論、Lightning, Classic両方のバージョンで利用可能です。

新しいリードが来たら
新規リードとして登録

新規リードとチャットが開始した時、即座にSales Cloudにリードとして登録。
氏名やメールアドレスをもらわないリードも、ChatBookがIDを発行し自動で管理。
同じ人が来訪した場合も認識し、対応を一元化できます。

会話情報を漏れなく
アップデート

一度の訪問で全ての情報に回答してくれなかったリードにも、
IDを管理しておくので再来訪時も同じ人物だと特定できます。
その上で、会話が進みプロフィールに更新があれば、
重要な情報を自動で更新。
複数リードが作成されずに、単一で管理することができます。

活動履歴を保存

会話内容は全てCRMに活動履歴として残ります。
リードが取引先に変換されても、流入時の会話を確認できて
営業もスムーズに対応ができます。

自動でTODOを作成

営業担当やインサイドセールスが電話をしやすいように、
チャットでの回答に電話番号があれば、自動でタスクを作成します。
お客様の対応も漏れなく、手動でタスク作成する手間をカットできます。

Slack通知で情報をまとめる

リード情報が通知される度、
登録されているCRM/SFAのURLをSlackに通知できます。
Facebook、Web、LINE経由かの情報も一目で分かるので、
全てまとまった情報を見ながら即座に対応することが可能です。

連携方法(Lightningの場合)

AppExchange
アプリストアへ

その他連携サービス

お気軽にご相談・ご質問ください。

資料請求する問い合わせる