ブラウザをアップグレートしてください。

当ウェブサイトはInternet Explorerをサポートしておりません。アクセスするためにMicrosoft Edge、Google Chrome、Safari等へアップグレートをお願いいたします。

Upgrade

Hubspot連携

Slack with ChatBook

いつもいるSlackでリアルタイム通知を受けて顧客を逃さない

ボットが獲得したリードの情報、
メッセージ内容をHubspot上で一元管理

Webサイト、SNS上で会話が発生したリードをHubspotに自動でアップデート。
チャット上で取得した個人情報、チャットとの会話履歴をHubspotで一元管理できます。
また、ホワイトペーパー閲覧画面にボットを設置出来ます。

リード情報を瞬時に
アップデート

ボットが獲得したリードの情報は瞬時にHubspot上に新規コンタクトとして登録。
氏名やメールアドレスをもらわないリードも、ChatBookがIDを発行し自動で管理。
同じ人が来訪した場合も認識し、対応を一元化できます。

会話情報を漏れなく
アップデート

一度の訪問で全ての情報に回答してくれなかったリードにも、
IDを管理しておくので再来訪時も同じ人物だと特定できます。
その上で、会話が進みプロフィールに更新があれば、
重要な情報を自動で更新。
複数リードが作成されずに、単一で管理することができます。

アクティビティに保存

会話内容は全てHubspotのアクティビティに保存されます。
コンタクトの情報を最初の接点から管理することが出来、顧客情報の共有やスムーズな対応が可能になります。

資料画面にボットを設置

Hubspotのドキュメント機能を用いて、ホワイトペーパー閲覧画面にボットを設置できます。
最もサービスへの興味関心が高まる資料閲覧中に個別でアプローチすることで、サービスへの理解度向上やアポ転換率向上を狙えます。

パラメーター設置で独自の分析も出来る

utm_sourceやutm_campaign等のパラメータを判別しリード情報として登録できます。
独自の流入元やキャンペーンにパラメータを設定することで、独自の分析が可能になります。

Slack通知で情報をまとめる

リード情報が通知される度、
登録されているCRM/SFAのURLをSlackに通知できます。
Facebook、Web、LINE経由かの情報も一目で分かるので、
全てまとまった情報を見ながら即座に対応することが可能です。

連携方法(Lightningの場合)

AppExchange
アプリストアへ

その他連携サービス

Please contact us for any questions.

Request InformationContact Us